*

日焼けで黒くなる?赤くなる?

【注目!治ってしまう奇跡の方法 花粉症無料相談】

【無料診断チェック!あなたのスキンタイプ】

   

夏の強い日差しが続いていますが、みなさんのお肌は日焼けしやすいタイプですか?

日焼けとは紫外線A波(UVA)によって即時に肌色が濃くなる「サンタン」と、紫外線B波(UVB)によって皮膚が炎症を起こす「サンバーン」の2種類があります。

人によって、日焼けをして黒くなる人と、赤くなってしまう人がいますが、その違いは何なのでしょう。

今回はその違いについて解説したいと思います。

 

メラニンがお肌を黒くする!

メラニンを作るのは、表皮の奥に点在するメラノサイトという細胞です。

表皮細胞は紫外線を浴びるとシグナル物質を放出し、その刺激を受けたメラノサイトがメラニン合成を活性化させます。

そこで作られるのが、メラノソームと呼ばれるメラニン色素が詰まった小袋です。

メラノソームは表皮細胞内に入って細胞の核を覆うように密集して並び、黒い膜状の構造(メラニンキャップ)を形成して紫外線を遮断し、核の中にあるDNAを守るのです。

 

日焼けして黒くなる人は・・

日焼けして肌が黒くなりやすい人は、上記のメラノサイトの反応が多い人。紫外線感知すると素早くたくさんのメラニンを合成するので、すぐに肌が黒くなりますが、光老化は出にくいのが特徴です。

しかしながら、紫外線を浴びることは遺伝子が傷がつき、真皮内でのコラーゲン線維の断裂や、エラスチンの塊状変化が進行するということですから、日焼け対策はしっかりと。

 

日焼けして赤くなる人は・・

白人などに代表される白い肌は、紫外線吸収剤の役割を果たすメラニン量が少なく、日に当たると炎症を起こしやすいのが特徴です

見た目が黒くならないので、一見ダメージが少ないように見えますがメラニンによって紫外線を防げていないので、きちんと紫外線対策をしないと、シミやシワ、たるみなど肌の老化(光老化)が進みやすく、皮膚がんのリスクも高くなるので注意が必要です。

 

身体の内外から紫外線対策

外出時には必ず日焼け止めを塗ることはもちろんですが、身体の中に抗酸化作用の成分を摂取してダメージを防ぐことも大切です。

ビタミンA、C、E(エース)、βカロテン、L-システイン、リコピン、ルテインなどのポリフェノール類、アスタキサンチン、エラグ酸などを多く含む食品を積極的に選んで食べましょう。

また、夏でも化粧水と乳液でたっぷり保湿をおこないます。

また、肌の新陳代謝によりメラニンが排出されるよう、冷え対策やマッサージなどで血流をよくし、ターンオーバーを促進することもお忘れなく。

 -スキンケア

パソコン用アドセンスコード

スポンサーリンク
【注目!治ってしまう奇跡の方法 花粉症無料相談】

【無料診断チェック!あなたのスキンタイプ】

  関連記事

シミとメラニンと活性酸素との関係

シミとメラニンと活性酸素。 これらのワードはよく耳にしますが、ではこのシミとメラニンと活性酸素はどの

目の下のクマ(茶クマ)について

目の下のクマの中で、茶クマは薄い目の下の皮膚にメラニン色素が沈着して茶色っぽく見えるものを言います。

ソバカスの原因って?!

鼻や頬、目のまわりの多数の斑点、ソバカス。 シミと同じようにとらえられがちですが、実はその原因は違っ

春の乾燥肌対策

春になるとは、お肌が乾燥して肌トラブルに悩まされる方も多いのではと思います。 お肌の乾燥肌対策として

メラニン排出!ターンオーバーを正常に

お肌の生まれ変わりサイクル、ターンオーバー。 このターンオーバーを整えることで、メラニンを規則正しく

シミやソバカスを防ぐ!ビタミン摂取で内側からも紫外線対策

シミやソバカスを防ぐ!ビタミン摂取で内側からも紫外線対策 シミやソバカスなどの原因となる、お肌の大敵

肌老化によるシミ

こんにちは!  本日は、シミの種類の中でも大部分を占める肌老化によるシミについて書きたいと思います。

目の下のクマ(青クマ)解消法

目の下のクマの中でも、薄く青っぽく広がっている青クマは目周辺の毛細血管が透けている状態のことを言いま

間違ったスキンケアが乾燥肌を招く!その②

その乾燥肌、間違ったスキンケアが原因かもしれません! の第二弾です。 私たちのお肌の『角質層』には、

おでこのシワを何とかしたい

ツルツルしていたハズのおでこにシワが・・・ 発見した時にはとてもショックを受けてしまいます。 年齢を

パソコン用アドセンスコード

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

パソコン用アドセンスコード

スポンサーリンク
メラニン排出!ターンオーバーを正常に

お肌の生まれ変わりサイクル、ターンオーバー。 このターンオーバーを整えることで、メラニンを規則正しく

日焼けで黒くなる?赤くなる?

夏の強い日差しが続いていますが、みなさんのお肌は日焼けしやすいタイプですか? 日焼けとは紫外線A波(

敏感肌の方へ!紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違い

日焼け止めや紫外線ケアの化粧品に書かれている、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤。 どちらも良く目にしますが

no image
皮膚科が教えるニキビ対策!美肌を取り戻そう

皮膚科が教えるニキビ対策!美肌を取り戻そう   肌荒れの1つニキビ、多くの方がニキビができ

黒ずみ毛穴別の解消法

前回の記事、『知らなかった!黒ずみ毛穴の正体』で、黒ずみ毛穴には間違った認識があることと、黒ずみ毛穴