*

敏感肌の方へ!紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違い

【注目!治ってしまう奇跡の方法 花粉症無料相談】

【無料診断チェック!あなたのスキンタイプ】

   

日焼け止めや紫外線ケアの化粧品に書かれている、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤。

どちらも良く目にしますが、何がどう違うのか?敏感肌の方にとってはかなり気になります。

日焼け止めの成分については、コチラの記事→ シワやたるみなどの肌荒れを防ぐ日焼け止めの成分 でもご紹介しましたが、今回は紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違いについて簡単にご説明したいと思います。

 

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤、これらはどちらも紫外線をカットするものです。

uv

 

 

 

 

 

 

紫外線散乱剤とは

微粒子のチタンや亜鉛などで皮膚をカバーし、お肌に降り注ぐ紫外線を跳ね返し、ブロックする素材です。

UV -A波、B波ともに散乱することができ、天然成分のためかぶれや肌トラブルになりにくい特徴がありますので、敏感肌の方にはオススメです。

 

紫外線吸収剤とは

紫外線吸収剤は化学合成された成分からなり、浴びた紫外線を吸収し化学反応で熱エネルギーにして、皮膚への紫外線を減らす素材です。

化学反応で発生した熱や、化学反応自体、そして化学反応で変化してしまった物質などにより肌に刺激になる場合もありますので、敏感肌の方は注意が必要です。

 

 

しかし最近の日焼け止めでは、紫外線吸収剤をマイクロカプセルに入れて、肌に直接触れないようにしたものもありますので、敏感肌の方の選択肢も広がってきているようです!

 

☆その他、お肌の悩み相談は下記のフォームからどうぞ↓

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

 

 -スキンケア

パソコン用アドセンスコード

スポンサーリンク
【注目!治ってしまう奇跡の方法 花粉症無料相談】

【無料診断チェック!あなたのスキンタイプ】

  関連記事

シミとメラニンと活性酸素との関係

シミとメラニンと活性酸素。 これらのワードはよく耳にしますが、ではこのシミとメラニンと活性酸素はどの

ほうれい線の消し方

30代頃から気になり始めるほうれい線。 それがあるだけで、ぐんと年をとったように見えてしまう厄介者。

春の乾燥肌対策

春になるとは、お肌が乾燥して肌トラブルに悩まされる方も多いのではと思います。 お肌の乾燥肌対策として

肌老化によるシミ

こんにちは!  本日は、シミの種類の中でも大部分を占める肌老化によるシミについて書きたいと思います。

no image

皮膚科が教えるニキビ対策!美肌を取り戻そう

皮膚科が教えるニキビ対策!美肌を取り戻そう   肌荒れの1つニキビ、多くの方がニキビができ

日焼けしてしまった場合に乾燥や肌荒れを防ぐケア方法

日焼けしてしまった場合に肌荒れを防ぐケア方法   しっかり紫外線対策を行っていても100%

フォトフェイシャル(IPL)の効果は・・?

先日、シミを撃退すべく皮膚科にてフォトフェイシャル(IPL)を受けてきました! エステサロンでのフォ

目の下のクマ(青クマ)解消法

目の下のクマの中でも、薄く青っぽく広がっている青クマは目周辺の毛細血管が透けている状態のことを言いま

乾燥肌はセラミド不足?

セラミドとは、肌バリア機能とも言われる角質層で、細胞と細胞の中で水分や油分を挟み込んでいるような存在

肌荒れの原因の1つ紫外線! 紫外線や日焼け対策、正しくできていますか?

肌荒れの原因の1つ紫外線! 紫外線や日焼け対策、正しくできていますか? シミやシワなど肌荒れの原因に

パソコン用アドセンスコード

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

パソコン用アドセンスコード

スポンサーリンク
メラニン排出!ターンオーバーを正常に

お肌の生まれ変わりサイクル、ターンオーバー。 このターンオーバーを整えることで、メラニンを規則正しく

日焼けで黒くなる?赤くなる?

夏の強い日差しが続いていますが、みなさんのお肌は日焼けしやすいタイプですか? 日焼けとは紫外線A波(

敏感肌の方へ!紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違い

日焼け止めや紫外線ケアの化粧品に書かれている、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤。 どちらも良く目にしますが

no image
皮膚科が教えるニキビ対策!美肌を取り戻そう

皮膚科が教えるニキビ対策!美肌を取り戻そう   肌荒れの1つニキビ、多くの方がニキビができ

黒ずみ毛穴別の解消法

前回の記事、『知らなかった!黒ずみ毛穴の正体』で、黒ずみ毛穴には間違った認識があることと、黒ずみ毛穴