*

日焼けしてしまった場合に乾燥や肌荒れを防ぐケア方法

【注目!治ってしまう奇跡の方法 花粉症無料相談】

【無料診断チェック!あなたのスキンタイプ】

   

日焼けしてしまった場合に肌荒れを防ぐケア方法

ケア➁

 

しっかり紫外線対策を行っていても100%防ぐことは難しいです。

対策していても、うっかり日焼けしてしまった場合の乾燥や肌荒れを防ぐケア方法をお伝えします。

きちんとケアすることで日焼けしてしまっても乾燥や肌荒れを防ぐことができます。

ケア方法の前に1番大切なのは、それ以上、日焼けしないように心がけることです。

紫外線を浴びれば浴びるほどお肌(皮膚)に負担がかかるので、より美容や健康に悪影響が及ぶリスクが高まります。

乾燥や肌荒れを防ぐケア方法

・日焼けは肌が軽いやけどをしているのと同じような状態です。

冷たい水や氷、濡らしたタオルなどで冷やして下さい。

冷やさず普段のように化粧水や乳液などのスキンケアをしてしまうと、肌に過度の刺激を与えてしまい、トラブルの原因となりますので、スキンケアをする前に、やけどを鎮める対策を行って下さい。

・日焼けをすると、皮膚の細胞が傷つき、水分を保つ機能が弱く乾燥しています。刺激の弱い保湿ローションや保湿クリームで水分を補いましょう。

また、日焼けしたお肌に化粧する(化学物質を塗る)ことは刺激の強く、より日焼けの症状を悪化させる可能性があり、色素沈着を起こしたり、乾燥や肌荒れを起こすなどトラブルの原因となります。

・美白化粧品は刺激が強いので日焼けから数日経ち、お肌の調子が整ってから使うようにした方が良いです。まずは身体の中から美白ケアを行います。

お肌の原料となるのはたんぱく質です。いくらほかの栄養をたっぷり摂っても、たんぱく質が不足していては、お肌を再生することができません。

ハリやツヤに関係してるコラーゲンもたんぱく質からできていて、肉、魚、大豆成分などに多く含まれています。

そして紫外線を浴びると活性酸素が発生するので、美白や活性酸素を除去に効果がある「ビタミンA・ビタミンC・ビタミンE」を摂取するようにしましょう。

ビタミンの詳しい効果についてはシミやソバカスを防ぐ!ビタミン摂取で内側からも紫外線対策で紹介しています。  

また、βカロチンは体内ビタミンAに変わるため、ビタミンAを摂取したのと同じ効果が期待できます。    

カボチャ、小松菜、パセリ、にんじんなど緑黄色野菜に多く含まれており、生よりも茹でたほうが、吸収率がアップします。

・肌のダメージを修復することができる物質は、肌に吸収された後に肌の中でビタミンに変身するビタミン誘導体です。  

毎日のスキンケアにビタミン誘導体が入った化粧水やクリームを使うと、徐々に肌が美白されていきます。  

ただし、ビタミン誘導体入りの化粧品は美容クリニックなどでしか買えません。

値段は高価ですが、効果は抜群です。  

ドラッグストアなどでビタミン誘導体入りと称してアスコルビン酸グルコシドというものを使用しているコスメを販売していますが、効果が期待できないです。

・数年後のシミやソバカスの出現を抑えるために効果のあるパックをする。

身近にあるもので簡単に作れて肌状態を整え、老化を抑えることができます。  

パックの方法は、ヨーグルトと小麦粉を適当な硬さになる分量で混ぜ、顔に塗って十分ほど放置し、ぬるま湯で洗い流すだけです。  

ヨーグルトにはビタミンAやビタミンB2が豊富に含まれ、それぞれメラニンの生成を抑えたり、強い抗酸化作用を持つので、日焼け後のケアにピッタリです。

このパックは美白や老化防止に効果があるので、日焼け後だけでなく日常的に行っても良いでしょう。

乾燥や肌荒れを防ぐケア方法は上記の通りです。

一日に3分以上、日焼けしてしまうと肌にダメージが残ります。そのダメージが、およそ30年間蓄積されていくと、DNAに致命的なダメージが発生します。

それがシミです。その為、30歳を過ぎるとシミが目立ち始めるのです。

日焼け後のケア方法で肌の状態が変わってきますので、しっかりケアを行い、乾燥や肌荒れを防ぎましょう!

 

シミやソバカス、乾燥など様々なお肌の悩みありませんか? それぞれのお肌に合わせた無料相談を行っております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

 

出会いを求める女性に贈る幸運と良縁を引き寄せる出会いカウンセリング。(実践編)

 -スキンケア, , ,

パソコン用アドセンスコード

スポンサーリンク
【注目!治ってしまう奇跡の方法 花粉症無料相談】

【無料診断チェック!あなたのスキンタイプ】

  関連記事

シワやたるみなどの肌荒れを防ぐ日焼け止めの成分

シワやたるみなどの肌荒れを防ぐ日焼け止めの成分 日焼け止めは何を基準に、どのように選んでいますか?

no image

皮膚科が教えるニキビ対策!美肌を取り戻そう

皮膚科が教えるニキビ対策!美肌を取り戻そう   肌荒れの1つニキビ、多くの方がニキビができ

なぜ春はお肌が乾燥するの?

なぜ春は肌が乾燥し、肌荒れまでもが起こってしまうのでしょうか? もともと、春先は一年のうちでもっとも

日焼けで黒くなる?赤くなる?

夏の強い日差しが続いていますが、みなさんのお肌は日焼けしやすいタイプですか? 日焼けとは紫外線A波(

肌荒れの原因の1つ紫外線! 紫外線や日焼け対策、正しくできていますか?

肌荒れの原因の1つ紫外線! 紫外線や日焼け対策、正しくできていますか? シミやシワなど肌荒れの原因に

春の乾燥肌対策

春になるとは、お肌が乾燥して肌トラブルに悩まされる方も多いのではと思います。 お肌の乾燥肌対策として

できてしまったソバカスの対策

ソバカスの原因については、以前の記事『ソバカスの原因って?』で書きましたが、今回はできてしまったソバ

間違ったスキンケアが乾燥肌を招く?その①

悩めるその乾燥肌、間違ったスキンケアが原因かもしれません。 私たちのお肌の『角質層』には、水分を保持

メラニン排出!ターンオーバーを正常に

お肌の生まれ変わりサイクル、ターンオーバー。 このターンオーバーを整えることで、メラニンを規則正しく

シミやソバカスを防ぐ!ビタミン摂取で内側からも紫外線対策

シミやソバカスを防ぐ!ビタミン摂取で内側からも紫外線対策 シミやソバカスなどの原因となる、お肌の大敵

パソコン用アドセンスコード

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

パソコン用アドセンスコード

スポンサーリンク
メラニン排出!ターンオーバーを正常に

お肌の生まれ変わりサイクル、ターンオーバー。 このターンオーバーを整えることで、メラニンを規則正しく

日焼けで黒くなる?赤くなる?

夏の強い日差しが続いていますが、みなさんのお肌は日焼けしやすいタイプですか? 日焼けとは紫外線A波(

敏感肌の方へ!紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違い

日焼け止めや紫外線ケアの化粧品に書かれている、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤。 どちらも良く目にしますが

no image
皮膚科が教えるニキビ対策!美肌を取り戻そう

皮膚科が教えるニキビ対策!美肌を取り戻そう   肌荒れの1つニキビ、多くの方がニキビができ

黒ずみ毛穴別の解消法

前回の記事、『知らなかった!黒ずみ毛穴の正体』で、黒ずみ毛穴には間違った認識があることと、黒ずみ毛穴