*

バストアップに必要な栄養    

【注目!治ってしまう奇跡の方法 花粉症無料相談】

【無料診断チェック!あなたのスキンタイプ】

      2016/04/12

バストアップに必要な栄養

 

 

 

 最近ではバストアップ成分のサプリなど便利な物もありますがあくまでもそれらは補助食品です。健康的なバストアップを効率よくするのに普段からどんな物が必要栄養素かを知っておかなくてはいけません。それを今回はまとめていきたいと思います。

 

バストアップしても肌、唇、髪などには潤いなしのパサパサ女子では魅力的でありませんし、体にバランスのよい必要栄養を無視したバストアップは効果も半減します。健康的な体、バスト作りを目指しましょう。

 

 

タンパク質

毎日良質のタンパク質を摂ることは必要なことです。血や肉となり女性ホルモンの分泌を促しバストアップした大きなバスト定着させるのにも必要です。 タンパク質には動物性と植物性があります。

 

動物性タンパク質は牛肉、魚、牛乳、チーズ、ヨーグルトなど。

植物性タンパク質は大豆製品、豆乳、豆腐、納豆など。

 

ビタミンA

美肌効果でバストに弾力やハリをもたせる効果があり必要です。緑黄色野菜、卵黄、レバー、うなぎなど。

 

 

OqDhqiolFB

 

 

ビタミンB1

バストアップは乳腺を刺激し発達させることが重要です。乳腺に栄養がとどくよう血行促進効果のあるビタミンB1はバストアップに必要栄養です。そしてなんとビタミンB1は糖質炭水化物を分解してエネルギー変える作用があるためバストアップとダイエットを同時に促進してくれます。

豚肉、海苔、ごま、ピーナッツ、白米、舞茸、など。

 

 

ビタミンB2

血行促進に役立つ赤血球の形成を手伝います。タンパク質炭水化物を代謝させる効果あり。 しいたけ、レバー、卵、アーモンドなど。

 

 

ビタミンB6

ビタミンB6は直接摂取できないリン酸に体内でかわります。それがエストロゲンという女性ホルモンを活性化させ分泌を助ける成分です。女性ホルモンによって女性らしい体つきやバストアップ効果が期待できます。

大豆、豆類、玄米、にんにく、そば、レバー、青魚など。

 

 

ビタミンC

皮膚や骨を作るのに必要なコラーゲンの生成に必要不可欠なものがビタミンCです。バストアップではハリや柔らかさのある綺麗な胸になります。

ビタミンB6と同じく女性ホルモンの分泌を助けたり体の調子を整えるアミノ酸を合成する役割も果たします。

アセロラ、トマト、レモン、オレンジ。フルーツジュースでもいいので毎日摂りましょう。

 

イソフラボン

イソフラボンは植物性のエストロゲンとも言われ女性ホルモンノエストロゲンに非常によく似た効果を発揮します。これは体内に取り込むと女性ホルモンが分泌されているような効果を体に伝えてくれます。

豆乳、納豆、豆腐、醤油、味噌。

 

lJAcNvwVnY

 

 

ボロン

ボロンは巨乳育成成分と呼ばれるホウ素の一種の栄養成分で骨を作る効果と共にエストロゲンの分泌と活性化を助ける役割を果たし女性ホルモンを自然な方法で作り出している。

りんご、ぶどう、梨、桃、キャベツ。

 

こうして書き出してみると体を作る食べ物がバストアップにもとても大事なことがわかりました。この他にも女性ホルモンを増やす食品としてコレステロールが含まれているもの、しらす、卵、しらこ、うに、卵巣機能をアップさせる鉄分亜鉛。なども必要栄養です。

 

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

 

 

 -バストアップ

パソコン用アドセンスコード

スポンサーリンク
【注目!治ってしまう奇跡の方法 花粉症無料相談】

【無料診断チェック!あなたのスキンタイプ】

  関連記事

胸の大きさは遺伝じゃない !?

胸の大きさは遺伝じゃない!?   どうしてすごく大きい胸の人と小さな胸の人がいるのでしょう

微乳が気になる薄着の季節

【微乳が気になる薄着の季節】 こんにちは。段々と春めいてきましたね。街も春らしい着こなしの方が増えて

年代別バストアップ注意点ポイント

年代別バストアップ注意点ポイント バストアップ。夏に向かって取り組むのにいい時期です。今日はその前に

パソコン用アドセンスコード

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

パソコン用アドセンスコード

スポンサーリンク
メラニン排出!ターンオーバーを正常に

お肌の生まれ変わりサイクル、ターンオーバー。 このターンオーバーを整えることで、メラニンを規則正しく

日焼けで黒くなる?赤くなる?

夏の強い日差しが続いていますが、みなさんのお肌は日焼けしやすいタイプですか? 日焼けとは紫外線A波(

敏感肌の方へ!紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違い

日焼け止めや紫外線ケアの化粧品に書かれている、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤。 どちらも良く目にしますが

no image
皮膚科が教えるニキビ対策!美肌を取り戻そう

皮膚科が教えるニキビ対策!美肌を取り戻そう   肌荒れの1つニキビ、多くの方がニキビができ

黒ずみ毛穴別の解消法

前回の記事、『知らなかった!黒ずみ毛穴の正体』で、黒ずみ毛穴には間違った認識があることと、黒ずみ毛穴