*

紫外線によるシミや乾燥を防ぐ日焼け止めの効果的な使い方

【注目!治ってしまう奇跡の方法 花粉症無料相談】

【無料診断チェック!あなたのスキンタイプ】

      2016/04/18

紫外線によるシミや乾燥を防ぐ日焼け止めの効果的な使い方

af9970032850m

 

シミ乾燥など肌荒れの原因になる紫外線日焼け止めで防げてますか?

日焼け止めを塗ってもシミができたり、乾燥したり日に焼けたりしてしまう場合は効果的な使い方ができていないのかもしれません。

日焼け止めの選び方 成分によって肌に刺激となり肌荒れを起こす場合がありますので、まずは二の腕、太ももの内側など目立たない部位などに塗ってみて、かぶれ、肌荒れなどが起きないか、自分の肌質に合っているか確認しましょう。

次に、用途に合わせた選び方をシワやたるみなどの肌荒れを防ぐ日焼け止めの成分でも説明しましたが再度お伝えします。

 

➀短時間の外出 SPF10~20 PA+
➁長時間の外出や短時間のスポーツ SPF20~30 PA++
➂長時間スポーツや野外活動 SPF30~50 PA+++
➃海やプール ➂のSPF・PA値でウォータープルーフタイプ

 

効果的日焼け止めを塗る順番

化粧水や乳液などのスキンケアの後、メイクの前に日焼け止めを塗ると良いです。

スキンケア➝日焼け止め➝メイク

日焼け止めは白っぽい色をしているものが多いので、塗った後に化粧下地で色補正をすれば違和感ないメイクができるでしょう。

効果的な使い方

SPF・PAが高い日焼け止めでも実際は私たちが思っているほど長時間、紫外線を防いでくれないものです。

紫外線を浴びる可能性がある部分(肌)にまんべんなく塗りましょう。

ムラがあると塗れてない部分だけ日焼けしてしまったりします。

手の甲や足の甲の指の間、首、うなじなど塗り忘れることが多いようなので気をつけて下さい。

皮脂、汗がでたり、体を動かしたり、肌と服がこすれれば日焼け止めも落ちてしまいますので、その都度、塗りなおします。

汗をかいたりしなくても数時間以上、紫外線を浴びる場合はこまめに、2~3時間おきに塗りなおすことが必要です。

☆使用後は洗顔&保湿

紫外線からお肌を守ってくれるということは、それだけ科学的な物質が日焼け止めには使用されているということです。

石鹸やクレンジング剤などで、しっかり落とさないと乾燥やシワなどの原因になってしまいます。

特にウォータープルーフタイプは水で流れ落ちないということなので、専用のクレンジング剤などを使うことをお勧めします。

石鹸やクレンジング剤などを使用して日焼け止めを落とした後のお肌は水分が不足して乾燥しますので、ローション、クリームなどで、たっぷり保湿して下さい。

 

stp_27089

 

日焼けや肌荒れについて質問やお悩みがありましたら、お気軽にご相談ください!

今なら無料相談を行っております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

 

ステキな出会いからさらに一歩進んで、恋愛成就を叶えたい人必見!オーラで恋愛カウンセリング♪

 -スキンケア, ,

パソコン用アドセンスコード

スポンサーリンク
【注目!治ってしまう奇跡の方法 花粉症無料相談】

【無料診断チェック!あなたのスキンタイプ】

  関連記事

黒ずみ毛穴別の解消法

前回の記事、『知らなかった!黒ずみ毛穴の正体』で、黒ずみ毛穴には間違った認識があることと、黒ずみ毛穴

乾燥肌はセラミド不足?

セラミドとは、肌バリア機能とも言われる角質層で、細胞と細胞の中で水分や油分を挟み込んでいるような存在

ソバカスの原因って?!

鼻や頬、目のまわりの多数の斑点、ソバカス。 シミと同じようにとらえられがちですが、実はその原因は違っ

意外と知らない!?紫外線の基礎知識。たるみの原因にも!

意外と知らない!?紫外線の基礎知識。たるみの原因にも! シミやたるみなど肌荒れの原因にもなる紫外線

間違ったスキンケアが乾燥肌を招く!その②

その乾燥肌、間違ったスキンケアが原因かもしれません! の第二弾です。 私たちのお肌の『角質層』には、

シミが気になるけど。。

こんにちは! お肌のお悩みって本当に尽きませんがシミもそのひとつ。   シミと言えば、世の

no image

皮膚科が教えるニキビ対策!美肌を取り戻そう

皮膚科が教えるニキビ対策!美肌を取り戻そう   肌荒れの1つニキビ、多くの方がニキビができ

ほうれい線の消し方

30代頃から気になり始めるほうれい線。 それがあるだけで、ぐんと年をとったように見えてしまう厄介者。

『あなたの肌タイプ』診断を無料で

☆今なら!  あなたはどのタイプ?  『あなたの肌タイプ』診断を無料でさせていただきます! ~そうだ

シミやソバカスを防ぐ!ビタミン摂取で内側からも紫外線対策

シミやソバカスを防ぐ!ビタミン摂取で内側からも紫外線対策 シミやソバカスなどの原因となる、お肌の大敵

パソコン用アドセンスコード

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

パソコン用アドセンスコード

スポンサーリンク
メラニン排出!ターンオーバーを正常に

お肌の生まれ変わりサイクル、ターンオーバー。 このターンオーバーを整えることで、メラニンを規則正しく

日焼けで黒くなる?赤くなる?

夏の強い日差しが続いていますが、みなさんのお肌は日焼けしやすいタイプですか? 日焼けとは紫外線A波(

敏感肌の方へ!紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違い

日焼け止めや紫外線ケアの化粧品に書かれている、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤。 どちらも良く目にしますが

no image
皮膚科が教えるニキビ対策!美肌を取り戻そう

皮膚科が教えるニキビ対策!美肌を取り戻そう   肌荒れの1つニキビ、多くの方がニキビができ

黒ずみ毛穴別の解消法

前回の記事、『知らなかった!黒ずみ毛穴の正体』で、黒ずみ毛穴には間違った認識があることと、黒ずみ毛穴