*

目の下のクマ(茶クマ)について

【注目!治ってしまう奇跡の方法 花粉症無料相談】

【無料診断チェック!あなたのスキンタイプ】

   

目の下クマの中で、茶クマは薄い目の下の皮膚にメラニン色素が沈着して茶色っぽく見えるものを言います。

ご自身のクマ茶クマかどうかの判断は・・・?

下まぶたをそっと下側に引っ張ってみても、クマの色が変わらなければ茶クマの可能性があります!
(もし少し色が薄くなるようであれば青クマと思われます。)

ではなぜ、色素沈着によりの目の下茶クマができてしまうのでしょうか。
原因にはいくつか挙げられます。

・紫外線を浴びると、皮膚の内部にあるメラノサイトがメラニン色素を生成します。通常はターンオーバー(肌の新陳代謝)によって、古い角質とともに自然に剥がれ落ちます。
しかし紫外線を浴びすぎたり、ストレスなどによってターンオーバーが乱れるとメラニン色素が蓄積し、シミの原因になります。

・クレンジング時にこすりすぎる、強いマッサージをするといった摩擦を繰り返すと色素沈着を起こし、目の下茶クマができてしまいます。

・角質層のキメが荒れ、光が乱反射したり、また肌のターンオーバーの低下により古い角質が剥がれず厚くなることで目の下がくすんで見え、茶クマになっている。

出来てしまった目の下茶クマを解消するには? 

・美白効果の高い基礎化粧品でケア(ビタミンC誘導体配合など)
・皮膚科で処方してもらえる、ハイドロキノンで地道にケア
・ビタミンCやカシスを摂取し、身体の中からケア
・クリニックでピーリングを行い、肌のターンオーバーを促す
・血行促進

しかし最近では目周辺、特に下瞼の筋肉を根気よく鍛えることで、目の下茶クマ目の下茶クマについての悩みや解消法についてお気軽にご相談ください♪

☆お肌の悩み相談は下記のフォームからどうぞ↓

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

 -スキンケア

パソコン用アドセンスコード

スポンサーリンク
【注目!治ってしまう奇跡の方法 花粉症無料相談】

【無料診断チェック!あなたのスキンタイプ】

  関連記事

シワやたるみなどの肌荒れを防ぐ日焼け止めの成分

シワやたるみなどの肌荒れを防ぐ日焼け止めの成分 日焼け止めは何を基準に、どのように選んでいますか?

開いた毛穴を改善するクレンジング方法

開いてしまった毛穴を改善するためには、肌に負担をかけず正しいクレンジングを行うことが大切です。 正し

ソバカスの原因って?!

鼻や頬、目のまわりの多数の斑点、ソバカス。 シミと同じようにとらえられがちですが、実はその原因は違っ

日焼けしてしまった場合に乾燥や肌荒れを防ぐケア方法

日焼けしてしまった場合に肌荒れを防ぐケア方法   しっかり紫外線対策を行っていても100%

なぜ春はお肌が乾燥するの?

なぜ春は肌が乾燥し、肌荒れまでもが起こってしまうのでしょうか? もともと、春先は一年のうちでもっとも

できてしまったソバカスの対策

ソバカスの原因については、以前の記事『ソバカスの原因って?』で書きましたが、今回はできてしまったソバ

春の乾燥肌対策

春になるとは、お肌が乾燥して肌トラブルに悩まされる方も多いのではと思います。 お肌の乾燥肌対策として

黒ずみ毛穴別の解消法

前回の記事、『知らなかった!黒ずみ毛穴の正体』で、黒ずみ毛穴には間違った認識があることと、黒ずみ毛穴

間違ったスキンケアが乾燥肌を招く!その②

その乾燥肌、間違ったスキンケアが原因かもしれません! の第二弾です。 私たちのお肌の『角質層』には、

シミとメラニンと活性酸素との関係

シミとメラニンと活性酸素。 これらのワードはよく耳にしますが、ではこのシミとメラニンと活性酸素はどの

パソコン用アドセンスコード

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

パソコン用アドセンスコード

スポンサーリンク
メラニン排出!ターンオーバーを正常に

お肌の生まれ変わりサイクル、ターンオーバー。 このターンオーバーを整えることで、メラニンを規則正しく

日焼けで黒くなる?赤くなる?

夏の強い日差しが続いていますが、みなさんのお肌は日焼けしやすいタイプですか? 日焼けとは紫外線A波(

敏感肌の方へ!紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違い

日焼け止めや紫外線ケアの化粧品に書かれている、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤。 どちらも良く目にしますが

no image
皮膚科が教えるニキビ対策!美肌を取り戻そう

皮膚科が教えるニキビ対策!美肌を取り戻そう   肌荒れの1つニキビ、多くの方がニキビができ

黒ずみ毛穴別の解消法

前回の記事、『知らなかった!黒ずみ毛穴の正体』で、黒ずみ毛穴には間違った認識があることと、黒ずみ毛穴