*

年代別バストアップ注意点ポイント

【注目!治ってしまう奇跡の方法 花粉症無料相談】

【無料診断チェック!あなたのスキンタイプ】

      2016/04/12

年代別バストアップ注意点ポイント

バストアップ。夏に向かって取り組むのにいい時期です。今日はその前に注意点ポイントなどをまとめたいと思います。

 

10代 バストを育てる基礎の時期です。成長ホルモンが一番分泌されます。この時期無理なダイエットはしてはいけません。乳腺を育てましょう。 まずバランスのとれた食事で栄養をたくさん取ることがバストアップにつながります。ダイエットは運動中心に。

成長ホルモンが出る22時~2時の間は質の良い睡眠を。乳腺に成長ホルモンを栄養源としてバストを大きくするラクトゲン受容体が形成されます。これが今後のバストアップポイントになります。

10代はバストアップ成分などのサプリはホルモンバランスを崩す危険性も高いので先ずは自然のままバストの基礎を作る時期と思って焦らず取り組みましょう。

 

20代 バストの成長は10代で終わりではありません。これから女性ホルモンが一番分泌されます。バストアップのため規則正しい生活を心がけましょう。

一人暮らしなどで食事の栄養バランスが崩れてしまったり、仕事を始めたばかりで生活のリズムが狂ったり、運動不足などバストの成長期に大敵の事柄が多くなります。 バランスのよい食事で取れた栄養を乳腺の細胞まで運んだり、卵巣で分泌された女性ホルモンを運んだり、すべて血液の仕事です。 運動不足や仕事のストレスなどで体が固くなっている場合は血液の循環が悪くなっています。

運動をしたり体を柔軟にしていくのがポイントになります。

 

4yVS1YAIMB

 

 

30代 女性ホルモンが30代後半からは減少していくといわれています。30代は結婚、子育て、仕事では重要なポストにつくなど最もストレスを多く感じる年代ではないでしょうか。 このストレスでホルモンバランスが崩れ乳腺が衰退しバストのハリがなくなってきたりします。

自分だけの時間も極端に少なくなります。 20代のポイントに合わせて、ストレスをためこまず自分に合ったストレス発散方法を見つけ上手に付き合えるのかどうかがポイントになります。

衰退したバストのハリにはクリームなどもとても効果が高いですし簡単な大胸筋トレーニングなどをこの頃から続けられたらいいと思います。

 

 

40代 卵巣の働きがだんだんと弱まりはじめ、女性ホルモンの分泌が減少してきますので、卵巣機能をアップさせるためビタミン、ミネラル、増やす元のコレステロールなどで女性ホルモンも補うような食事をとることが必要です。 バストアップ成分のサプリ、クリームなどもプラスして考え40代は中からも外からも補っていくのがポイントです。

基礎代謝機能が落ちてきますので、脂肪が増えてくると思いますがそうなると体は冷えます。 胸もほとんどが脂肪ですので冷え、血液循環が悪くなるとせっかくのバストアップの栄養たちが届きません。 入浴、運動、マッサージ。どんどん取り入れ体を冷やさないようにしましょう。

 

これらのポイント注意点をわかっているだけでも年代別にあったバストアップで効果が出やすくなります。

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

 

 

 -バストアップ

パソコン用アドセンスコード

スポンサーリンク
【注目!治ってしまう奇跡の方法 花粉症無料相談】

【無料診断チェック!あなたのスキンタイプ】

  関連記事

バストアップに必要な栄養    

バストアップに必要な栄養        最近ではバストアップ成分のサプリなど便利

微乳が気になる薄着の季節

【微乳が気になる薄着の季節】 こんにちは。段々と春めいてきましたね。街も春らしい着こなしの方が増えて

胸の大きさは遺伝じゃない !?

胸の大きさは遺伝じゃない!?   どうしてすごく大きい胸の人と小さな胸の人がいるのでしょう

パソコン用アドセンスコード

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

パソコン用アドセンスコード

スポンサーリンク
メラニン排出!ターンオーバーを正常に

お肌の生まれ変わりサイクル、ターンオーバー。 このターンオーバーを整えることで、メラニンを規則正しく

日焼けで黒くなる?赤くなる?

夏の強い日差しが続いていますが、みなさんのお肌は日焼けしやすいタイプですか? 日焼けとは紫外線A波(

敏感肌の方へ!紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違い

日焼け止めや紫外線ケアの化粧品に書かれている、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤。 どちらも良く目にしますが

no image
皮膚科が教えるニキビ対策!美肌を取り戻そう

皮膚科が教えるニキビ対策!美肌を取り戻そう   肌荒れの1つニキビ、多くの方がニキビができ

黒ずみ毛穴別の解消法

前回の記事、『知らなかった!黒ずみ毛穴の正体』で、黒ずみ毛穴には間違った認識があることと、黒ずみ毛穴