*

目の下のクマ(青クマ)解消法

【注目!治ってしまう奇跡の方法 花粉症無料相談】

【無料診断チェック!あなたのスキンタイプ】

      2016/04/01

目の下クマの中でも、薄く青っぽく広がっている青クマは目周辺の毛細血管が透けている状態のことを言います。

ご自身のクマ青クマかどうかの判断

下まぶたをそっと下側に引っ張ってみて、少し色が薄くなれば青クマです。
※茶クマの場合は色は薄くなりません。

さて、目の下青クマが起こる主な原因は、血行不良によるものです。

■そもそも血行不良が起こるのは・・・

・貧血
・生理中
・疲労
・ストレス
・眼精疲労
・目元周辺の筋力低下
・睡眠不足
・身体のコリ
・冷え
・喫煙

などが原因となります。

この青クマを改善・解消する方法は、

目元や顔、さらには身体全体の血行を良くすることにあります!

身体は冷えると、血管が収縮し血行不良につながります。
血行が悪くなると、新陳代謝も低下してしまいます。

身体を温めると血管を拡張しますので、血行が促進されます!

bath

・半身浴や身体を温める効果のある食品を摂取することも心がけてみましょう。

・貧血の場合は、鉄分も必須です!

・長時間のデスクワークやパソコン作業はコリの原因となってしまいます。

 → 定期的に首や肩などのストレッチを行うことで、筋肉がほぐれ、リフレッシュにもつながります。

・眼精疲労、それに伴う目の周りの筋肉の緊張は、つまり「こっている」状態。

 → 目頭やこめかみのツボ押しや、眉周辺のリンパを流してあげることで解消されます。

 → 最近では、カシスが疲れ目に効果があると言われていますので、積極的にとることもオススメします。

■化粧品で解消

目元や目の下クマ専用の美容液などでケア
ビタミンK配合のクリームは、血行促進効果があると言われています。

その他、目の下青クマについての悩みや解消法についてお気軽にご相談ください♪

☆お肌の悩み相談は下記のフォームからどうぞ↓

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

 -スキンケア,

パソコン用アドセンスコード

スポンサーリンク
【注目!治ってしまう奇跡の方法 花粉症無料相談】

【無料診断チェック!あなたのスキンタイプ】

  関連記事

敏感肌の方へ!紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違い

日焼け止めや紫外線ケアの化粧品に書かれている、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤。 どちらも良く目にしますが

春の乾燥肌対策

春になるとは、お肌が乾燥して肌トラブルに悩まされる方も多いのではと思います。 お肌の乾燥肌対策として

メラニン排出!ターンオーバーを正常に

お肌の生まれ変わりサイクル、ターンオーバー。 このターンオーバーを整えることで、メラニンを規則正しく

シミとメラニンと活性酸素との関係

シミとメラニンと活性酸素。 これらのワードはよく耳にしますが、ではこのシミとメラニンと活性酸素はどの

間違ったスキンケアが乾燥肌を招く!その②

その乾燥肌、間違ったスキンケアが原因かもしれません! の第二弾です。 私たちのお肌の『角質層』には、

開いた毛穴を改善するクレンジング方法

開いてしまった毛穴を改善するためには、肌に負担をかけず正しいクレンジングを行うことが大切です。 正し

ソバカスの原因って?!

鼻や頬、目のまわりの多数の斑点、ソバカス。 シミと同じようにとらえられがちですが、実はその原因は違っ

『あなたの肌タイプ』診断を無料で

☆今なら!  あなたはどのタイプ?  『あなたの肌タイプ』診断を無料でさせていただきます! ~そうだ

加齢によるたるみ毛穴を改善する方法

加齢によって開いた毛穴がそのまま戻らず、さらに楕円形に拡がってしまうたるみ毛穴。 この気になるたるみ

日焼けで黒くなる?赤くなる?

夏の強い日差しが続いていますが、みなさんのお肌は日焼けしやすいタイプですか? 日焼けとは紫外線A波(

パソコン用アドセンスコード

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

パソコン用アドセンスコード

スポンサーリンク
メラニン排出!ターンオーバーを正常に

お肌の生まれ変わりサイクル、ターンオーバー。 このターンオーバーを整えることで、メラニンを規則正しく

日焼けで黒くなる?赤くなる?

夏の強い日差しが続いていますが、みなさんのお肌は日焼けしやすいタイプですか? 日焼けとは紫外線A波(

敏感肌の方へ!紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違い

日焼け止めや紫外線ケアの化粧品に書かれている、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤。 どちらも良く目にしますが

no image
皮膚科が教えるニキビ対策!美肌を取り戻そう

皮膚科が教えるニキビ対策!美肌を取り戻そう   肌荒れの1つニキビ、多くの方がニキビができ

黒ずみ毛穴別の解消法

前回の記事、『知らなかった!黒ずみ毛穴の正体』で、黒ずみ毛穴には間違った認識があることと、黒ずみ毛穴