*

ほうれい線の消し方

【注目!治ってしまう奇跡の方法 花粉症無料相談】

【無料診断チェック!あなたのスキンタイプ】

      2016/04/07

30代頃から気になり始めるほうれい線
それがあるだけで、ぐんと年をとったように見えてしまう厄介者。
そのほうれい線消し方はご存知でしょうか?

ほうれい線は、加齢などで頬の筋肉の衰えにより引き起こされる『たるみ』です。

年を重ねることは止められないけれど、ほうれい線消し方はぜひ覚えておいていただきたいと思います。

スマホ見る時間が長かったり、デスクワークで一日中パソコンに向かっていたり・・現代人は毎日のほとんどを無表情で過ごすことが多く、結果お顔の筋肉の動きがどんどん低下し、重力で垂れ下がり、気づいた頃にはほうれい線くっきり。

最近は、プチ整形でヒアルロン酸やボトックス注射で改善する方法がお手軽で流行っていますが、ほうれい線がなくなるのは一過性のもの。

また、シワ用の化粧品をお肌に塗りこんでも、こちらもまた一時的な解決にすぎません。

それでは一体どうすれば良いのでしょうか・・??

答えは、

『とにかく、頬の筋肉を鍛えること』

頬の筋肉が鍛えられると、皮膚のたるみも改善され、ほうれい線ができにくく、また今ある深いシワの溝も改善されます。

しかし!!

毎日無表情で過ごした頬の筋肉は凝り固まっており、ちょっとやそっとほうれい線消すエクササイズをしてもなかなか筋肉が動かず、思うような効果が得られないのが現実なのです。

まずは頬の筋肉につながる部分のマッサージから始め、血流を良くして硬くなっている筋肉をほぐしていくことが重要になります。

頬周辺筋肉のほぐす具体的な方法や、ほうれい線消し方を知りたい方は、ぜひご相談ください!

☆お肌の悩み相談は下記のフォームからどうぞ↓

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

 -スキンケア

パソコン用アドセンスコード

スポンサーリンク
【注目!治ってしまう奇跡の方法 花粉症無料相談】

【無料診断チェック!あなたのスキンタイプ】

  関連記事

開いた毛穴を改善するクレンジング方法

開いてしまった毛穴を改善するためには、肌に負担をかけず正しいクレンジングを行うことが大切です。 正し

目の下のクマ(茶クマ)について

目の下のクマの中で、茶クマは薄い目の下の皮膚にメラニン色素が沈着して茶色っぽく見えるものを言います。

シワやたるみなどの肌荒れを防ぐ日焼け止めの成分

シワやたるみなどの肌荒れを防ぐ日焼け止めの成分 日焼け止めは何を基準に、どのように選んでいますか?

毛穴が開いてしまう原因

昔は気にならなかった毛穴の開きが、いつのまにか目立ってきたような・・。 ブツブツと毛穴が大きく開いて

シミやソバカスを防ぐ!ビタミン摂取で内側からも紫外線対策

シミやソバカスを防ぐ!ビタミン摂取で内側からも紫外線対策 シミやソバカスなどの原因となる、お肌の大敵

意外と知らない!?紫外線の基礎知識。たるみの原因にも!

意外と知らない!?紫外線の基礎知識。たるみの原因にも! シミやたるみなど肌荒れの原因にもなる紫外線

紫外線によるシミや乾燥を防ぐ日焼け止めの効果的な使い方

紫外線によるシミや乾燥を防ぐ日焼け止めの効果的な使い方   シミや乾燥など肌荒れの原因にな

シミが気になるけど。。

こんにちは! お肌のお悩みって本当に尽きませんがシミもそのひとつ。   シミと言えば、世の

間違ったスキンケアが乾燥肌を招く!その②

その乾燥肌、間違ったスキンケアが原因かもしれません! の第二弾です。 私たちのお肌の『角質層』には、

シミとメラニンと活性酸素との関係

シミとメラニンと活性酸素。 これらのワードはよく耳にしますが、ではこのシミとメラニンと活性酸素はどの

パソコン用アドセンスコード

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

パソコン用アドセンスコード

スポンサーリンク
メラニン排出!ターンオーバーを正常に

お肌の生まれ変わりサイクル、ターンオーバー。 このターンオーバーを整えることで、メラニンを規則正しく

日焼けで黒くなる?赤くなる?

夏の強い日差しが続いていますが、みなさんのお肌は日焼けしやすいタイプですか? 日焼けとは紫外線A波(

敏感肌の方へ!紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違い

日焼け止めや紫外線ケアの化粧品に書かれている、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤。 どちらも良く目にしますが

no image
皮膚科が教えるニキビ対策!美肌を取り戻そう

皮膚科が教えるニキビ対策!美肌を取り戻そう   肌荒れの1つニキビ、多くの方がニキビができ

黒ずみ毛穴別の解消法

前回の記事、『知らなかった!黒ずみ毛穴の正体』で、黒ずみ毛穴には間違った認識があることと、黒ずみ毛穴