*

肌老化によるシミ

【注目!治ってしまう奇跡の方法 花粉症無料相談】

【無料診断チェック!あなたのスキンタイプ】

      2016/03/17

こんにちは! 

本日は、シミの種類の中でも大部分を占める肌老化によるシミについて書きたいと思います。

■肌老化によるシミ

肌が老化してできるシミのこと。
多くの悩めるシミはこちらの部類に入るかと思われます。
また、肌老化というのは加齢によるものとは関係なくできるものであり、その原因は大きく3つあります。

1.紫外線(光)

肌老化の原因の8割とも言われているのが紫外線。

紫外線にはUV-AとUV-Bがあります。

UV-Aはメラノサイトを活性化して黒くなる日焼けを起こしますが、急激な作用はないものの、毎日少しずつ浴びることにより光老化によるシミを増幅させていきます。

また、UV-Aは雲や窓ガラスも通り抜け、なんと肌の真皮にまで到達し、結果お肌は色素沈着をおこします。

それだけではなく肌のハリを保っているコラーゲンとエラスチンの繊維を壊す酵素を増やして、お肌の弾力低下やたるみまでも引き起こす油断ならない相手なのです!

2.肌の酸化

お肌だってサビる!

紫外線を浴びることで体内の活性酸素が増加し、それがシミの発生へと繋がります。

活性酸素は本来、身体の細胞を外部から守るために作られているもので
強力な酸化作用により、有害物質を殺すことができるのです。

紫外線は人体にとって有害な物質を含む光線のため、
紫外線を皮膚に浴びると、肌細胞を守ろうとたくさんの活性酸素が発生します。
その結果肌細胞は酸化し、シミの原因になってしまうのです。

ビタミン類などの抗酸化成分を摂取し、増えすぎた活性酸素を減らしたり、
日常生活の中でできる限りのUVケアをし、活性酸素の害を未然に防ぎましょう。

3.乾燥

お肌カラカラでメラニンが残る? 

シミと乾燥肌は関連していないように思われがちですが、実はシミと大きく関係しているのです。

シミの原因はメラニン色素ですが、そのメラニン色素の排出にはターンオーバーが整っていることが必須です。

水分量の多い潤っているお肌は、肌細胞が活発に生成されるため、メラニンも古い角質と一緒に剥がれやすくなります。
つまり古い肌細胞が残りにくくなっているわけです。

しかし乾燥して表面がカサカサのお肌は角質層が硬く厚くなり、古い細胞が肌の表面にとどまりやすくターンオーバーが乱れている状態。

ターンオーバーが規則正しく行われないと、メラニン色素は肌にとどまりこれがシミの原因となるのです。

また、乾燥しているお肌は角質と角質の間に隙間ができており、そこからどんどん水分が蒸発してさらにお肌の乾燥が進むのです! 

まずとにかく肌を保湿して、角質層のキメを整えておくことが大切です。
ただし乾燥したお肌は保湿成分がなかなか浸透したいため、化粧水を肌に押し込むように何度もパッティングするなど根気よくケアすることをオススメします。

☆お肌の悩み無料相談も行っております。
肌荒れが気になる方、是非お申込み下さい!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

 -スキンケア, , , , ,

パソコン用アドセンスコード

スポンサーリンク
【注目!治ってしまう奇跡の方法 花粉症無料相談】

【無料診断チェック!あなたのスキンタイプ】

  関連記事

シミが気になるけど。。

こんにちは! お肌のお悩みって本当に尽きませんがシミもそのひとつ。   シミと言えば、世の

シミとメラニンと活性酸素との関係

シミとメラニンと活性酸素。 これらのワードはよく耳にしますが、ではこのシミとメラニンと活性酸素はどの

日焼けで黒くなる?赤くなる?

夏の強い日差しが続いていますが、みなさんのお肌は日焼けしやすいタイプですか? 日焼けとは紫外線A波(

加齢によるたるみ毛穴を改善する方法

加齢によって開いた毛穴がそのまま戻らず、さらに楕円形に拡がってしまうたるみ毛穴。 この気になるたるみ

乾燥肌はセラミド不足?

セラミドとは、肌バリア機能とも言われる角質層で、細胞と細胞の中で水分や油分を挟み込んでいるような存在

黒ずみ毛穴別の解消法

前回の記事、『知らなかった!黒ずみ毛穴の正体』で、黒ずみ毛穴には間違った認識があることと、黒ずみ毛穴

『あなたの肌タイプ』診断を無料で

☆今なら!  あなたはどのタイプ?  『あなたの肌タイプ』診断を無料でさせていただきます! ~そうだ

紫外線によるシミや乾燥を防ぐ日焼け止めの効果的な使い方

紫外線によるシミや乾燥を防ぐ日焼け止めの効果的な使い方   シミや乾燥など肌荒れの原因にな

肌荒れの原因の1つ紫外線! 紫外線や日焼け対策、正しくできていますか?

肌荒れの原因の1つ紫外線! 紫外線や日焼け対策、正しくできていますか? シミやシワなど肌荒れの原因に

開いた毛穴を改善するクレンジング方法

開いてしまった毛穴を改善するためには、肌に負担をかけず正しいクレンジングを行うことが大切です。 正し

パソコン用アドセンスコード

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

パソコン用アドセンスコード

スポンサーリンク
メラニン排出!ターンオーバーを正常に

お肌の生まれ変わりサイクル、ターンオーバー。 このターンオーバーを整えることで、メラニンを規則正しく

日焼けで黒くなる?赤くなる?

夏の強い日差しが続いていますが、みなさんのお肌は日焼けしやすいタイプですか? 日焼けとは紫外線A波(

敏感肌の方へ!紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違い

日焼け止めや紫外線ケアの化粧品に書かれている、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤。 どちらも良く目にしますが

no image
皮膚科が教えるニキビ対策!美肌を取り戻そう

皮膚科が教えるニキビ対策!美肌を取り戻そう   肌荒れの1つニキビ、多くの方がニキビができ

黒ずみ毛穴別の解消法

前回の記事、『知らなかった!黒ずみ毛穴の正体』で、黒ずみ毛穴には間違った認識があることと、黒ずみ毛穴